SAKE TYPE

SAKETYPE
とは?

製造技術・化学物質・固有名詞などが乱立する「用語」では選びにくい現代の日本酒を、5つのタイプに分類しました。5タイプを飲み比べることで、驚くほどの味わいの幅広さに触れ、気に入ったタイプを「テイストパラメーター」で深堀りすることができます。

  • FLOWER

    誰からも好かれやすい華やかな香りに特徴がある、モダンなタイプ。赤リンゴやパイナップルに例えられる「カプエチ(カプロン酸エチル)」が香りの主成分。綺麗な薄味から強い甘みのものまで幅広さもある。

    獺祭 純米大吟醸 45
    桂月 CEL24 純米大吟醸 50
    月桂冠 THE SHOT 大吟醸

  • FRUIT

    バナナ、メロン、ライチなど、お酒によって様々な香りを感じるタイプ。最近人気が高まっており、様々な新しい試みがみられ、日本酒の最前線を実感できる。

    仙禽 クラシック 雄町
    みむろ杉 Dio Abita
    山形正宗 純米吟醸 雄町

  • RICE

    炊いた白米のような香りを感じられる、日本酒の王道と呼べるタイプ。多くの料理と合わせやすく、温度帯によっても表情が変わり、呑み手次第で無限の可能性が広がる。

    浦霞 純米酒
    王禄 丈径
    夜の帝王 特別純米

  • GRAIN

    麦やナッツなどの香ばしさを感じるタイプ。ふくよかなコク・味わい深さを持つものが多い。お燗酒で本領発揮しやすく、食事との組み合わせで遊び心をくすぐられる。

    神亀 純米酒
    竹鶴 純米
    奥播磨 山廃純米

  • WATER

    穏やかな香りで、飲み疲れしない透明感のあるタイプ。わかりやすい主張はないが、どんな呑み方でも成立してしまう懐の広さがある万能選手。

    久保田 千寿
    〆張鶴 純 純米吟醸
    七本鎗 14度原酒

テイスト
パラメーター

好みのタイプが見つかったら、さらに深堀りしてみましょう。私たちは味の濃さ・酸味・余韻という、日本酒を特徴づける3つのパラメーターだけに着目することで、ビギナーからプロまでわかりやすい表示を行っています。

  • 味の濃さ

    強い
    普通
    弱い

    すんなり飲めるか、しっかりインパクトがあるかで、同じタイプでも全体の印象は大きく変化します。主に甘みや旨みの成分が、味の濃さに影響します。

    グルコース、グルタミン酸、イノシン酸

  • 酸味

    強い
    普通

    酸味の字だけを見ると「酸っぱさ」を連想しますが、それだけではなく、味の濃さを和らげたり、旨味を強調する、名脇役的な味わいの要素です。

    リンゴ酸、コハク酸、乳酸

  • 余韻

    強い
    弱い

    飲み込んだあとの口の中に残る味の長さや強さを表します。たとえば味が濃くて酸味が強くても、余韻が控えめならば、全体は意外にもスッキリした印象となります。

    アルコール度数、アミノ酸度

トップに戻る